✿ほたるんるん日記✿

ほたるの日常を書き残していくブログちゃん✿

✿ほたぶろ✿

✽オラクル栽培キット✽

お世話になった大好きなチーム
✽(C)SEGA✽

さようなら。元気でね。

Posted by ほたるん on   0 comments   0 trackback

私が飼っていた猫のブランカちゃんが 
今朝、息をひき取りました。


朝、お母さんがまだ寝ている私に、
「ブランカが帰ってこないの。「蛍ちゃん出かける時に見かけたら家に入れてやってね。」
と、言い残して仕事に出かけたのを覚えている。

目を覚まして、ご飯を食べてぼーっとしていると家のベルが鳴った。
朝早くから誰だろうと思い、のそのそと玄関を覗いた。
しつこくベルが鳴り、玄関を何度も叩くので急いで玄関へ行った。


近所の奥さんがすごい焦っている様子で何かを言っている。
私は一瞬、ゴミの掃除当番か何かのことだと思った。

「白い猫って、○○さん家の猫ですよね・・・?あの、車の下に居たみたいで・・・あの・・
主人が気づかずに車を発進させて、轢いちゃったんですょ・・・。」

私は理解するのに時間がかかった。

全く言葉が出なかった。何も言うことなく奥さんについていった。


そこには、旦那さんが立っていて、道路に横たわっているブランカちゃんがいた。

顔のあたりから血が流れていて、もう息はしていなかった。

旦那さんも奥さんもさんも状況を説明しながら謝って謝って、何度も謝っていました。

蛍「もともと弱っていましたから。大丈夫です。ありがとうございました。
  ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした。」 

ブランカをタオルにくるんで家に連れて帰りました。


まだブランカは温かかった。
温もりが残ってた。


ブランカを抱いて家に戻った瞬間、涙があふれてきた。
私は玄関の前で、泣きました。



昨日まで、家の中で丸まって寝ていたのに・・・突然の事故で居なくなってしまうなんて・・。

最近ずっと何も食べなくて、もともと弱っていたので、覚悟はしていたけど・・・
私はまだ2週間は生きる、大丈夫。と思っていたから・・・
本当にショックでした。


授業出ないと後が大変なので、涙が止まらないまま学校へ頑張って行きました。
学校では、普通に友達に振舞っていましたが、おさるの前だけ泣きました。


家に帰って、段ボールに入っているブランカに
「ただいまブランカちゃん」と声をかけた。

肉球が小さくてかわいかった。
でも、もう温かくはありませんでした。
その肉球も冷たくなっていました。ブランカちゃんは死んじゃったんだ。

いろいろな想いが込みあがってきて、また泣いてしまいました。


お父さん、お母さんが帰ってきたら火葬しに行くと思います。

それまで、ブランカちゃんのそばにいよう。


大切な家族の一員で、家族を笑顔にしてくれたね。
今までありがとうね。ブランカちゃん。

20060820170458.jpg
すごく可愛い背中だった


ShowLetterttt.jpg
いたずらして、怒られて耳が飛行機になったり

CA45IVSX.jpg
私の布団の上で大あくびしたり

20060827112347.jpg
大嫌いなお風呂に入って逃げ回ったり

20060825132930_p.jpg
ソファーでくつろいだり

070718_162137.jpg
お母さんの車のタイヤで爪とぎをしたり

070820_162838.jpg
扇風機のコンセントで遊んだり

20060825145854.jpg
シュワッチして寝たり

20060825170238_p.jpg
くねくねして寝たり

20060825170028_p.jpg
バンザイして寝たり

20060825150124.jpg
いつも変てこりんな寝方してたね。

c0088260_1153234.jpg
時には凶暴になって

c0088260_1314623.jpg
手玉とって遊んだね。

c0088260_1175273.jpg
でも、それがすごく楽しかった。

本当にありがとうね。
ブランカちゃん。

スポンサーサイト